木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

丸い欅

きれいな木目の欅厚板、丸く切り抜かれて・・・さて。





DSC01923.jpg

このままで美しい。

DSC01958.jpg

でもベアリング仕込まれました。

DSC01959.jpg
  1. 2018/04/09(月) 09:43:47|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木のトレイ ”縫”

今日はピスタチオ。




昨日はバターと米粉のクッキーを作って載せてみました。
シミもそりもなく今のところいい感じ。
日の当たるテーブルの上に放置して様子を見ます。
・・・実はクッキー、あっという間になくなってたんですけど・・・(-_-;)

DSC01711.jpg
  1. 2018/03/22(木) 08:40:27|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曲木トレイの新しいバージョン、試し使い中



組紐の留めを6カ所のにして2枚の曲木を互い違いに組んだ新しいバージョンをお試し中。

DSC01645.jpg

左側の縫い上げているのが前の試作分、右が新しいデザインです。
ずいぶんシンプルでモダンになりました。
バゲットやクッキーを載せて・・・
陽の当たるキッチンのテーブルに置いても今のところそりもなく落ち着いています。



DSC01646.jpg

DSC01460.jpg

DSC01446.jpg

  1. 2018/03/09(金) 10:48:52|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研ぎ場のプチリニューアル


新品の銅のバケツは持ちてと持ち手の受け部分を外してここへ収まりました!
受ける台の部分もバケツに合わせて新しく・・・






すっかりなじんでいます。


DSC01555.jpg

銅の質感がいいですね。すぐに黒くいい色になってくると思います。

板金やの棚にはまだブリキのじょうろもあって気になっています。


DSC01554.jpg


  1. 2018/03/04(日) 08:09:38|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銅のバケツ

研ぎ用の水入れに使っていたプラスチックのバケツがとうとうわれたので銅のバケツに更新。

旧伊賀市の中心部、天神さんの近くにある板金屋さんにずっと埃をかぶったままだったバケツ。
おじいさんが昔作ったんだろうなあ・・・もう、時間の問題という感じの通り、左隣の商店はしばらく見ないうちになくなっていました。

これで一生大丈夫。






大きいのも小さいのも5000円のシール。
DSC01545.jpg

DSC01550.jpg

  1. 2018/03/02(金) 23:26:40|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。