木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

追加の追加の蹴ロクロ

追加の蹴ロクロ完成です。




盤は欅の1枚もので直径38センチ厚みは11.5センチあります。
上の盤と下の盤は材の方向をクロスさせて組んでいます。
こうするとねじれが起きにくくなります。
この厚みで回す時もどっしりと安定感があります。

DSC02170.jpg

下の盤です。
台の鉄脚部分を床に埋め込んで設置します。

DSC02169.jpg

下の盤の裏です。
縦の桟が突き抜けています。

ベアリングが入っていますのですごく軽くまわります。

DSC02171.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金) 08:47:02|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の終わりのブラウス | ホーム | 結ぶカタチ、仕上げ作業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/994-0733fff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)