木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

顔認識目つぶり検出ボタン

一つだけ大きいのがナット(タグワヤシの実でべジタブルアイボリーなどと言われることも)で15mm。
その12mmを黒で、と言う注文です。
ナットは染まりがよくないので鹿角で作ってログウット染色し木酢酸鉄でバイセンして黒くしました。
化学染料だと陽にあたるとだんだん白っぽくされてきますが草木染めの鉄バイセンだとだんだん濃く落ち着いた色目になり漂白剤でもまったく色落ちしません!不思議です。

デジカメで写真撮ろうとしたらなんと顔認識マークが・・・(ソニーのサイバーショットです)でさらにシャツターを押す時に目つぶり検出機能が!!
そう言えばみんな顔に見えてきました~♪



スポンサーサイト
  1. 2013/09/09(月) 22:17:53|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<回るカタチ、蹴ロクロ追加生産」 | ホーム | 藍染布と糸を閉じ込めたボタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/980-be4bfb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)