木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

手仕事は繊細に・・・


チェンソーの粗取りが終り手仕事に突入してます。
静かです。




蹴ロクロの注文も入ったので並行して進めてます。
丸い型はロクロのもの。

DSC02080.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/07(土) 21:58:58|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藍染布と糸を閉じ込めたボタン | ホーム | 切り抜かれたカタチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/978-4f36f7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)