木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

漆のあとの一服

欅の方は拭き漆で大分ツヤが出てきました。
手前にある粘土のマケットは次の構想?






DSC02060.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 23:41:18|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニットにピッタリのカタチ | ホーム | パリはマレ、大阪は高槻、東京は谷中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/974-e620fa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)