木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

藍染め注型

藍染めの工房さんから藍の生地と糸が届いて、毎日いろいろ樹脂に閉じ込めて試作中。

なかなか面白いボタンになりそうです。
並行して仕事を進めていますが不器用なもんで一人バタバタばたと・・・・







こちらは染めあがった象牙と鹿角に彫りを入れたところ。
手前の2列が象牙で向こう2列が鹿角です。
やはり鹿角のほうがキメが粗いため染料が早く中までしみ込んだようです。
また材料自体も少しグレーぽいので地味な感じです。
これから色を指して・・・伊賀市の組紐屋さんに根付用の手組の紐を頼んでいます。
ネックレスと根付兼用です。





DSC02040.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 22:28:15|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素材違いの3兄弟 | ホーム | 象牙と鹿角>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/966-62e09839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)