木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

たまねぎぼうる、ふたつ成型中

材料はきれいな木目の松です。
この暫く松が気に入って続けて使っていますね。

肥松というのでしょうか、かなりはっきりと濃色の樹脂が入っていて削っているとと白檀っぽい香りが部屋いっぱいに。松の組成は人間に一番近い木だそう。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/04(日) 07:56:56|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白蝶貝スカルシャツボタン11.5mm追加オーダー | ホーム | 黒水牛の角でスカルボタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/957-d5521589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)