木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

何回「R」と彫ったかわからない

Rを彫っているところ、もう何個彫ったか分からないけど今回は1600個。





染めて剥がして(指の皮も剥がして・・・)やっと完成。
染めると粗い部分だったものはしみこんで真っ黒になるのでバツがたくさん出ます。
今回のものはインドに送られて製品に付けられるそうです。
カシミヤかなあ・・・

DSC01634.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/07/03(水) 21:54:40|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮組み成功 | ホーム | 模型は二分の一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/934-d4dea887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)