木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

子供と木のぼり

夕方裏山の栗の木に赤いサルが・・・・?!

そういえばこの頃って木に登って遊んでいる子供なんて見かけませんね。
こんなに自然がいっぱいの田舎でも。

登ってみたらおもしろいのにね。
親があぶないあぶないといって止めるからかな。






スポンサーサイト
  1. 2013/05/15(水) 22:41:05|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏のさざなみ | ホーム | 搬入と初取材>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/912-ca70ccb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)