木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

久々の唐木細工

小さいものですがこれはローズウッド。
もともと山本が修行したのが大阪の唐木指物の職場ですがもう解散。
通産省指定の伝統産業指定を受けた大阪唐木指物も風前の・・・です。
現代の生活に必要とされないのですから仕方ないということもありますが業界も今の生活にあった
商品開発などしてこなかったという現実もあります。

すばらしい技術が途絶えるのも口惜しいのですが。




陶芸家 木村華陀さんのお宅で花入れを飾って。

DSC01386.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/04/25(木) 23:35:23|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の現物その一 | ホーム | 春のお引っ越し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/906-08333ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)