木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ベンチの実態はコレ!

今日は土曜日ですが学校行事があり開校していたのでベンチの写真をパチリ(今どきパチリなんていうカメラないって!)
皆さんにお披露目だそうです。






DSC01104.jpg

DSC01106.jpg

今まで機会あるたび、小学校やこども病院や銭湯施設のロビーにこんな無垢の木のパワーがもらえるベンチを提案し続けてきたので小学校の子供たちに触って遊んでもらえるなんて何よりもうれしいことです!!

まだ工房には長さ5メートル、厚み15センチの大きな欅が乾燥して2枚スタンバイしてます!

スケッチ
スポンサーサイト
  1. 2013/02/09(土) 20:38:03|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜか丸い窓 | ホーム | いざ!搬入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/867-8ea5bfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)