木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

3人踊っても大丈夫。

まずは裏を仕上げて脚を差し込むホゾをとります。
しっかりとした脚ですが貫を通さないすっきりとしたデザインなので脚の取りつけには気を使います。

3人の男の子きょうだいが上で踊っても大丈夫!





スポンサーサイト
  1. 2013/01/22(火) 21:26:06|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鹿角ボタンで一番好き | ホーム | 裏はよく売れる?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/856-e22e86db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)