木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

1,5㎜の板から・・・

鹿の角の芯と皮の部分を除いて板を作る、のがほとんど仕事といえるかもしれません。
曲がっているし、角によっては中のスの部分が大きくて(栄養状態がよくなかった個体かな?)殆ど使えないものもあります。

さて出来あがりは何とか年内に・・・


鹿角板
スポンサーサイト
  1. 2012/12/20(木) 19:42:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さをり中津にて。 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/836-b18977fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)