木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

お盆がどんどん

拭き漆が仕上がりました。
美しいツヤが出ています。

以前はピカピカのってあまり好きではなかったのですが本当の漆仕上げを見るとやっぱりいいなあと・・・






これは、オイル仕上げ。

DSC00903.jpg

これは松の木目を生かすためにあえて塗装はせずに仕上げています。
松は使いこむと自然のツヤが美しいので。

DSC00902.jpg

これはなみなみ、松バージョンです。
欅バージョンは拭き漆仕上げの途中でまだムロに中に。

DSC00900.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/12/05(水) 20:04:33|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年もクリスマスボタン福袋です。 | ホーム | 赤いシーズン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/826-7d9ddea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)