木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

拭き漆と浮造仕上げ

なみなみお盆は2枚、少し波の仕様が異なります。

で、1枚はこのように拭き漆仕上げ。
もう1枚はうづくり仕上げです。




拭き漆

うづくりに使うのはこれ、かる萱のねっこだそう。
これでごしごし磨くと春目の柔らかい部分がすれて木目が浮いて強調されます。
この頃工業的に作る時はワイヤーブラシを電動工具に付けてするそうですがやはり仕上がりあが違いますよね。

DSC00874.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/11/21(水) 19:08:13|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんどはふたつ | ホーム | 変形4つ穴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/819-332d8585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)