木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

変形4つ穴

染織のお客さんに38mmの大きなボタンを頼まれました。
ショートコートの幅広の立ち襟に大きなボタンを・・・ということでデザインがシンプルで染めも黒とグレーの
モダンなものでしたのでこんなボタンを作りました。


38mm

今日の鶴岡さん(カッター機の名前です)はドリルのチャックをはずしてカッター用の短い部品を付けています。
この刃物でエンドの4つ穴を途中まであけて反対側から旋盤で挽いてスカシになった部分が穴になるでデザインです。ウールの生地にあわせて上の面は80番で摺り目を入れています。

カッター機のヘッド
スポンサーサイト
  1. 2012/11/19(月) 20:40:08|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拭き漆と浮造仕上げ | ホーム | ツリーハウスの秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/818-d1dae5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)