木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

穴四つ

時々3穴や6穴のをたのまれることがありますが、だいたいボタン7穴は4つか2つです。

2つだとカジュアルな感じで4つはブレザーボタンなどフォーマルや紳士物などですね。
2つだとねらいでもあけられるのですが4つになるとどうしても目分量ではうまくいかないので
カッター機にドリルのチャックを付けて、8カムの部品に変えてあけています。

どうもものぐさなので,部品をつけかえるのが面倒で・・・2~3個のサンプルならなんとか手で開けたいところなんですが。
機械の調整だけで時間かかって肝心の穴あけはあっという間ということになりますがやはりちゃんとしないと
きれいに仕上がらなくてそこがサンプルの面倒な点です。




4つ穴

カッター機の鶴岡さんです。
なんでかって?
鶴岡工業さん(もう随分前に廃業されました)から来た機械なんで。
良く働きます。



カッター機
スポンサーサイト
  1. 2012/11/15(木) 20:46:00|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<煤竹グラデーション | ホーム | 冬のお化け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/815-efc1f558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)