木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

秋はかさこそ

仕事の手を留めて機械をとめると・・・かさこそと。
あっ、また栗が落ちてきた!拾いに行かなくっちゃ
という状態でここ2~3日仕事に身が入らず、また拾った栗を始末するのが大変!
取りあえず水に漬けて重曹で炊いて渋皮煮かな。





もうすぐ

庭の周りの山に柴栗の木が6本ほど、庭に枝をひろげてきているのでちょうどいい具合に庭に落ちてきます。
毎日ざるにいっぱい。

柴栗
スポンサーサイト
  1. 2012/10/17(水) 22:01:36|
  2. 庭仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道のあるのとないものと | ホーム | SETSUKO TIRII KNIT WORKS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/797-228bf4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)