木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

みっつがふたつ

みっつのボウルが埋め込まれたようなコンポート。
もちろん一体の削り出し、ロクロ仕事する人には考えられない仕事ですね。まったく。



みっつ
スポンサーサイト
  1. 2012/10/01(月) 21:58:26|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仕上げは手カンナ | ホーム | 小休止、京都>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/789-29d9d086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)