木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

リバイバルのデザイン

ポストカードのボタン、随分前の型の注文がありました。
エバゴスというカゴバッグ屋さんに作ってからもう10年くらい作ったことなかったのですが・・・
50mmの存在感のあるボタンです。

この2~3年、ボレロなどのはおりものに大きなサイズのボタンの注文がちらほらあります。
私の作るボタン、流行にあまり関係ないかなあと思っていましたけどなんとなく世間の気分というのがいろいろなところまで影響してきますね。






リバイバル
スポンサーサイト
  1. 2012/09/17(月) 08:36:07|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<裏の仕事“高台” | ホーム | 3年越しのともっき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/783-56e9b5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)