木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

秋こそ着物!

夏の麻を出していたのですが結局着ずじまい。

やっぱり秋でしょう、着物は・・・
ということで新色出来ました。

漆のちいさな帯留めの付いた伊賀組紐の帯締めです。
可愛い小田巻の配色がミソ。
縁に違う色を入れるのを囲みと云います。

さあ着物を着なくちゃ。

いつも思うのですが自分の国の民族衣装着るのに「着つけ教室」とか「和装学院」とかあるのって日本だけじゃないのかなあ・・・???







秋のいろいろ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/11(火) 22:28:53|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボタンがパリへ・・・パリからは写真が・・・ | ホーム | 2穴、4穴、縦2穴。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/777-e0b96abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)