木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

裏がミソ

いきなりですがこれは裏です。

新春企画用のサンプル、鹿角の桜帯どめです。
カジュアルな帯どめはほとんど金具を接着してあるのですがこれは厚い材料を刳り出してます。
ぜんぜん手間も材料も違ってきますがやっぱり安心感ありますしかなものが噛んでないほうが落ち着きます。




裏側

これが表です。
もう桜・・・です。


1サクラサクラ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 08:20:09|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の名残りゼリー | ホーム | 倒れない稲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/771-2388e0d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)