木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

屋内森林浴?

昨日、原木の作品(木精肌具シリーズ)は何台くらい有りますかと聞かれてえ~~と10台くらいと答えたのですが帰って数えて見たらもう18台もありました。

夏はお昼ご飯のあとちょっと横になると(ベンチはよりどりみどり!)午後仕事していても凄く体が楽です。
お陰で夏バテもなし。
きっとこの年輪の持つ木の精というかパワーのせいだと確信しています。
倒されてもさらに力を持つ樹木のすばらしさです。






アートステージ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/03(月) 21:36:31|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<倒れない稲 | ホーム | 沈金、蒔絵、ひとつもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/769-9ec16c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)