木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

沈金、蒔絵、ひとつもの

右の2つが沈金、あとは蒔絵、小さな小さな漆ピンバッジです。

試作でいろいろ作ったのですが残念ながら商品にならず・・・
今回そんなサンプルを中川さんが「ひとつもの」として企画、直営店で販売。
他のメーカーさんからもいろいろ出品されると思いますがかなりお買得!

中川政七商店でチェックしてください!


蒔絵と沈金
スポンサーサイト
  1. 2012/09/01(土) 07:19:24|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<屋内森林浴? | ホーム | 春物一番>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/768-a7a63d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)