木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

百鹿角十色

5.5mmの大きくて重たい鹿角ボタン150個。
バッグの小川商店さんの注文です。
なるべく揃えたいところなんですがなにしろ天然ものの材料で本当に千差万別・・・

20年くらいまえは小さな下請けボタン工場もみな挙ってNCの機械を入れて大量に安く休みなく・・・を目指して
がんばってたのですけど、今になるとオリジナルで小ロット多品種と言われて。
大量に同じ物を安く、の仕事はみんな中国ヘ行ってしまい本当に難しい時代です。
けどその分面白いところでもあります。
(もちろんNCなんてはなっから考えてなくて手バフ仕上げで工場の人には初めたころ笑われていましたけどね。)




いろいろ
スポンサーサイト
  1. 2012/04/05(木) 21:02:38|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<腰壁の間柱 | ホーム | 増築計画始動!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/678-5c03bb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)