木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

初心にカエル?

岐阜のパレットという素材やさんの注文はなぜかどれもボタンを作り始めたころの品番ばかり。
寄木などのクラフトっぽいものが多く今みると素朴な感じです。
久しぶりに作りましたがひとつひとつ裏にはネーム彫りか焼印があります。
少ない機械と道具で時間をかけて作ったいたのを思い出しました。
初心忘れずです。






寄木ボタンいろいろ
スポンサーサイト
  1. 2011/10/24(月) 20:37:22|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2回目の窯詰め | ホーム | 朱色のバッグ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/583-15d4705d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)