木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

『こどもの絵と刺繍とボタンと・・・』

知り合いが企画をお手伝いしている小さなギャラリーで展覧会です。

2011年10月18日から22日まで。
ギャラリーTenTen
大阪府高槻市富田町3-8-10
072-655-7323

阪急富田駅の南口を出て商店街をすこし行った郵便局の4件隣の、小さな街のギャラリーです。
ボタンだけではさびしいかなあと思って、子供の絵とそれを刺繍したり彫金でペンダントにしたものなどと
無理やり航と展覧会!です。
そのほかにも私のボタンを使ってバックやショール、ベストなどを作家さんにたのんでくださって・・・
楽しい展覧会になりそうです。
私は最終日の午後に行ってます。
お近くのかたはぜひ!!




こどもの絵と刺繍とボタンと・・・
スポンサーサイト
  1. 2011/10/15(土) 23:06:43|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第8回目、最後の絵付け | ホーム | 裏と表の顔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/578-ab3920f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)