木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

10年の使用前使用後

お鍋に金属のお玉がカチヤカチャ・・・が気になるので作ったお玉、というかしゃもじの深いもの。
お鍋にも、煮物やポテトサラダなんかのサーバーにも。
左が10年くらいまえにカエデで私が作ったもの、毎日良く使っています。
右はサクラで山本が昨日作ったもの、知人の依頼です。

この深さがありそうでなかなかないのです。
ついでに家のも作ってもらおうっと。






木のおしゃもじ


桜のおたま
スポンサーサイト
  1. 2011/10/08(土) 08:34:50|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木漏れ日の波止場 | ホーム | 津波のない港>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/574-b223593c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)