木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

お花とアンカー

鹿の角で作りました。
ブローチパーツです。
5cmくらいあってぽってりとした重みがあります。
デザイナーさんの希望が、ぽったり、です。

おはな

このアンカーもけっこうぽったりです。
なんでも薄く軽くの世の中ですが、無垢でぽったりしたものって安心感があるのかも・・・

さて明日は23日のボタンプロジェクトの準備です。
次回は絵付けですので参加の方は筆(水彩用や習字用のでいいです)をご持参くださいね。

アンカー
スポンサーサイト
  1. 2011/09/21(水) 22:46:20|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第7回目のボタンプロジェクトは絵付け | ホーム | 大山崎山荘美術館 『かんさいいすなう』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/569-7670345f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)