木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

おまけの箱

坂道の板材でしらたが多くて製材したら幅が狭くなって使えなかった材料を剥ぎあわせてこんなのが出来ました。
おまけの箱・・・です。
しかも柱に付いています。
さて・・・?

なんの箱?

実は・・・そう、生協の通い箱入れでした。
立派すぎるおまけです。

実は・・・
スポンサーサイト
  1. 2011/05/19(木) 08:12:41|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏の帯締め | ホーム | 杉板張り続く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/493-77f7ac6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)