木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

杉板張り続く

板を張ったあとこんな風に切りそろえています。
杉板は赤身の部分は水に強く腐りにくいのですが しらた(樹皮に近い成長している部分)は弱いため、材料を吟味いていたら足りないことに・・・

続きはいかに・・・


上部カット
スポンサーサイト
  1. 2011/05/14(土) 21:57:43|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまけの箱 | ホーム | ボタン職人としてはどうも落ち着かない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/492-248dd4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)