木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

「かんさいいすなうー人はすわって考える?大山崎山荘にすわろう」

少し先になりますが展覧会のお知らせです!

アサヒビール大山崎山荘美術館にて2011年6月17日から9月25日、関西の作家30名による椅子展に
出品します。約50脚の作品に坐ってもらおうと云う企画です。
詳しくは大山崎山荘美術館のページで・・・

この写真は山荘の前でのロケ。
庭の緑が美しい時期です。




オーム貝のベンチ
スポンサーサイト
  1. 2011/04/11(月) 22:56:42|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<鹿角アンカー | ホーム | ただいま自然乾燥中>>

コメント

楽しみ!

大山崎山荘美術館に前から行きたかったので、ぜひ期間中に行きたいと思います。山本さんの作品も楽しみです。
  1. 2011/04/19(火) 14:26:55 |
  2. URL |
  3. ぴぴ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/470-ebd1d9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)