木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

職人さんはランダムが苦手?

アパレルの注文でランダムに彫りを入れて・・・というもの。

普通の職人さんというのはどれだけ均一に機械のように揃えて作るかという事に苦心している訳で、そんな人になるべく不揃いに(ランダムに・・)と頼むのは無理な話という事なんですが・・・
私の場合、結構性格もランダムだったりするので無理がないかも・・・です。

随分むかし、樹脂のブローチにランダムに削りを入れる仕事で東大阪の工場でバックルを長年削っている職人さんに頼んだのですがどうしても均一に削りが入って・・・横で付いて見本を見せてもダメ、もう手が無意識に規則正しく動いてしまうんですね。でとうとう工場へ日参して自分でみな削ったことがあります。
職人さんに感心されましたけど・・その下手さ加減を。

いまだに熟練できない半人前です。きっと。




ランダムな彫り

スポンサーサイト
  1. 2011/02/20(日) 21:11:35|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エビが食べたい! | ホーム | 冬のクロワッサン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/437-f4b9273c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)