木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

象牙のボタン

前から作ってみたかった本象牙のボタン、注文ではありませんが。
18mmのシンプルなテーボー4ツ穴ボタン・・・(テーボーはまわりの一段高くなっている部分のこと)
このいかにもボタンですっていう形が好きなんです。
知り合いに材料を分けてもらいました。
鹿角とは比べ物にならない緻密さで本当に素晴らしい素材です。
旋盤かけるのドキドキしました!

ちょうど9日から15日までクラフトヒロ鎌倉本店でちいさなボタン展をしてくださるので
そちらに送りました。
お近くの方はぜひ、元気が出るカラフルなニットのお店です。


象牙のボタン

半つやに仕上げたので麻のシャツジャケットなんかにあうかなあ。
ちなみに写真のベージュ色の布は月ヶ瀬の知人が日本の大麻を手紡ぎして手織りしたもの。
本当に細く均等でツヤがあって、ごわごわしてるという麻のイメージが覆されました!
いつか日本製の大麻布で仕立ててみたいものです。


象目

スポンサーサイト
  1. 2010/10/06(水) 22:44:05|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリさんとポコちゃんのブローチ | ホーム | 丸い形>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/334-6ecebac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)