木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ももちどり

春休み最後の日曜日、郡上の古今伝授の里フィールドミュージアムノレストランももちどりでランチです。
木の芽もふくらみ、雪解けの豊かな流れの清流も春を待ちかねている山里。


ももちどり

昨年、磨きなおした栃のテーブルで春色のランチをいただきました。

大テーブル

あとは一段と高い所にある茅葺の山荘の縁側でほっこり。
どこも水が美しい里です。

縁側
スポンサーサイト
  1. 2010/04/05(月) 08:20:21|
  2. 休日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牛骨の水兵さん | ホーム | 再生古民家へ納品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/230-fe715dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)