木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ウエイブのプレート、進化増産中!

四角からこんな形に進化?中です。






裏足はこんな感じで、

DSC00617.jpg

今このお花型で少し型違いのもの2個目製作中。
しばらくこのシリーズで増殖する様子。
またお伝えします!


ほってます!

これは最初に作った四角いバージョン、これも足の形状や木の種類を変えて新たに出来上がっています。
サイン策は工房に展示中です。
拭き漆仕上げでない使いやすいタイプのものもあります。

拭き漆


スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 08:19:26|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりに漆室の出番です。 | ホーム | 「2」のオブジェのその後です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1558-5175e190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)