木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

新作デビューはイガピザ

テラスにかわいいヒノキのちゃぶ台デビューです。
夏の間乾かしていた材料でちょこっと便利な軽い(ここが重要)ちゃぶ台。



DSC00453.jpg

DSC00454.jpg
DSC00456.jpg
DSC00458.jpg
DSC00455.jpg
DSC00457.jpg

ちなみに脚はアリでしっかり入っています。
古里の海

もちろんこの送りアリのあとは埋木できれいな仕上がりに。

DSC00443.jpg




スポンサーサイト
  1. 2017/09/19(火) 15:23:27|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「2」のオブジェのその後です。 | ホーム | こちらも地味に進化中・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1556-c51fe39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)