木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ウォールナットで久々の指物細工

製材から帰ってきた4メートルのウォールナット。
紫かかっていて目も細かく美しい材です。
比較的平地に植わっているそうでときどき、釘や鉄砲の玉が入っていたりします。
今回は大丈夫。

この材料で、指物細工の箱もの、注文制作です。
久々の指物!楽しみです。





DSC08184 (1)

きれいに材料どりできました。


DSC08216.jpg

スポンサーサイト
  1. 2016/08/12(金) 09:10:34|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<指物細工の前に一仕事 | ホーム | 蹴ロクロ 欅、残り3台!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1514-bdc30011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)