木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

鹿角の白と黒

鹿つのをゴリゴリ彫った釦、という注文。
E-40 20㎜と23㎜の白(キナリ)とマックスの黒。

黒はログウッド染液でガンガン焚いて木酢酸鉄で媒染して真っ黒に・・・
これは着物の黒を染めるときと同じです。
どちらかというと赤が買った黒に染まります。
堅牢度は抜群、化学反応で黒くなるわけですから。





スポンサーサイト
  1. 2016/02/19(金) 22:57:46|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2枚ホゾでしっかりと | ホーム | 蹴ロクロ、値段据え置きです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1493-aa36b191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)