木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

どんどん切ってます。

近くのかじかさんの頼まれて伊賀の鹿角を切っています。
エゾ鹿と比べるとずいぶんと小さめです。

かじかさんはジビエ販売と、犬のジャーキーなども作っています。
おいしいところは人が、硬くて歯ごたえのある部分は犬に、そして角も無駄なく利用。





スポンサーサイト
  1. 2016/01/20(水) 08:33:01|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2脚分の材料、加工途中。 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1479-8124363b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)