木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

鹿角のボタンの中で一番好きかも。

一つ一つ刳りだしています。
どこの加工も機械にかからない手のかかる子ですがこうしてたくさん並べるといびつさも味かなあと思います。

25㎜、藍染めの壺草苑さんの注文です。




黒檀のスライダー
スポンサーサイト
  1. 2016/01/15(金) 23:29:57|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どんどん切ってます。 | ホーム | 高級素材の黒水牛の角でこんな・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1478-d851e735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)