木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

裏がミソ

これも注文です、1個見本のタグ付きのアンティークボタンはなぜか16.5㎜という中途半端なサイズ。ミリ単位でなくラインの単位なのかもしれません。

かなり薄いボタンで裏の削りでさらにふちが薄いデザインです。
これがミソかな・・・
DSC06385.jpg





紫檀の色MIX

DSC06384.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 09:04:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボタンズファクトリーとコラボの加工 | ホーム | アンティークボタンのレプリカ作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1466-1ccfb943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)