木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

4ミリキューブに1.5ミリの溝

久々の細かい細工物。

楓の4ミリキューブは山本工房の仕事、そこへボタン用カッター機で幅1.5ミリ深さ2.5ミリの溝つき。
木がつぶれてはいけないので硬い木でチャックを作り加減を見ながら・・・にほぼ1日がかり。
出来たものはこんなに小さくて手の中に入ってしまうくらいですが2日かかりました。
あと注文は1型100個、明日終わるかなあ…



スポンサーサイト
  1. 2015/12/10(木) 22:06:54|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1ミリ単位の・・・・ | ホーム | カップルのためのテーブル、隣へ納品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1460-b9652961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)