木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

カップルのためのテーブル、隣へ納品

早速、イガピザのデッキにおいてみました。
いい感じです。
おそろいで椅子もほしいなあ・・・

山本はアベックのテーブルと言うのですが・・・アベックさん?!
なんで昭和な響き!!




DSC06243 (2)



でもやっぱりなんといっても12月、風が冷たいので開店前に店内へ移動。
この隅っこもなかなか落ち着きます。


DSC06292 (2)
スポンサーサイト
  1. 2015/12/06(日) 07:55:24|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4ミリキューブに1.5ミリの溝 | ホーム | 蹴ろくろ、売約済み、で、残り1台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1459-201515f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)