木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

鹿の角の馬150頭

1年かかってためた鹿角の根元の部分でブローチです。

ファーストサンプルが正月明け、何度か修正がありやっと形になりました。
これから別注のいぶしメッキ独立ピンの加工に回ります。

本当に1年がかりの仕事です。
あと2型は材料どりがやっと終わったところ、いそがなくっちゃ。




都会でカヌー
スポンサーサイト
  1. 2015/07/14(火) 23:51:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<欅のカウンター | ホーム | 45RPMのコインRタグ、追加の追加の・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1426-49737cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)