木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

存在感ある扉

ノミ目の欅2枚扉です。

先日つり込みが完了しました。
工事担当の方が素通りできない扉、という感想をくださいました。
光栄です。




1東濃信用金庫扉

写真ではわかりづらいのですが、ほんのりのノミ目の円が浮かび上がります。
時間を経るとさらに味わい深くなります。
いい仕事をさせてもらって皆さんに感謝です。


2東農信用金庫
スポンサーサイト
  1. 2015/04/01(水) 23:54:08|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鹿角ボタンいろいろ | ホーム | 春は黄色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1382-a830681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)