木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

鞆田のおもいでに・・・

鞆田(ともだ)小学校から転校していくお友達に、同級生のみんなと父兄が鹿角箸置きにメッセージを刻みました。
とも小の校章です、、、😢泣けてきます、、、
この8年で生徒は半減、複式学級にしてもさびしいくらい。






箱にも全面メッセージ。
Ⓩの,「ずにんちゃん」は地元を知ろうという授業カリキュラムで誕生したキャラクターです。
ここらへんは古琵琶湖あった地域でその堆積層の青い粘土層があちこちに露出していてこれをズニンとかズリ、ズリンコと呼んでいます。微生物などの成分を含んでいて大変いい肥料になるそうでよく冬に畑にまいてあります。
粘土といっても砂が多くて掘り出しておいて凍てるとすぐにぼろぼろとくずれて畑に鍬き込めます。


そんなこんないろんなこと、鞆田のことおぼえいてほしい、、、
みんなのメッセージです。
食肉として利用された鹿の角で作りました。





DSC04795.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/03/13(金) 08:39:17|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最初の握手は。 | ホーム | お家ブローチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1370-ac0a577a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)