木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

木組みはこんな形になりました。

両面に欅の小幅板を貼りこんで・・・さあどうなりますことやら。




穴あけ


あっ、同じものが2枚あります。

DSC04704.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/02/12(木) 22:14:06|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<味噌作りのシーズン | ホーム | オーム貝の浴槽お嫁入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1353-68c95b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)