木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

いずれも18㎜

ニットの作家さんのボタンですがいつもサイズは18ミリのみ。

同じサイズでも白いものは大きく見えますし変形ものはぐっと小さくなります。
というのも四角ボタンだと対角線の長さで計りますから。
ボタン穴に対して小さく感じますね。
以前同じボタン穴サイズのジャケットに丸いボタンと四角のボタンを交互につけたいというお客様がいらして
実際付けると四角ボタンがワンサイズ小さく見えてしまいイメージと違うということに・・・
その場合は四角ボタンをワンサイズ大きくしてもちろんホールも大きくしなくては同じように見えませんね。





スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 08:58:54|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さざ波のノミ目 | ホーム | コキ、お客さんの提案>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1342-6a3496a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)