木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

作品の大きさ

この形が気に入っているようで、前回小さいものを(といっても立てると1,5メートルくらいありますが)完成させていますがそれの大きい版です。




テーブル

どれくらい大きいかというと、、、

これを立てる算段です。


DSC04602.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/01/14(水) 08:59:42|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<追加の石ころ | ホーム | 受注残急ピッチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1331-d174fb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)